歴史人物の子孫を育てるパパ新聞

幕末から明治に活躍した偉人の子孫の成長記録。育児コラム・知育教材・人生の回顧録も記載していきます。

【連載: 漫画『ONE PIECE』ワンピースで学ぶ世界史】第116話”エルバフの戦士"から考える"巨人"の世界史〜ギリシア神話、北欧神話、旧約聖書、中国神話、ラーマーヤナまで〜

この連載は無料公開されている『ONE PIECE公式漫画アプリ』から中学校社会科の歴史、高校世界史や日本史、そして現代世界情勢への興味・関心を引き出していくプロジェクトです。第116話に登場する"エルバフの戦士"から"巨人"の歴史について関心を広げます。

過去分はこちらです。
漫画『ONE PIECE』ワンピースから始める世界史 カテゴリーの記事一覧 - 歴史人物の子孫を育てるパパ新聞



f:id:Bataata:20210611222033j:plain
[長子7歳年次作: ドリー]

■エルバフの戦士との遭遇

第116話ではリトルガーデンに上陸したルフィ一行が冒険に出ますが、巨人族のエルバフの戦士に遭遇します。

ルフィ「うっは〜〜〜っ‼︎! でっけェなーっ」
ドリー「ウギャギャギャギャギャ 我こそがエルバフ最強の戦士‼︎ ドリーだ‼︎!」

この回を読んだ時、幼少期なりに思い出したのがガリバー旅行記でした。小人に出会ったり、巨人に出会ったりするわけですが、後々世界史にも登場する風刺文学として評価されている作品なのです。
というわけで今回のテーマは"巨人"です。

■"巨人"とは何か?

まずは概要、定義からいきましょう。
Wikipediaにはこうありました。

巨人(きょじん、英 ジャイアント(giant)、ジャイガント(gigant))は、様々な神話や伝説、ファンタジーに登場する伝説の生物の一種で、長身・巨体の神や人間あるいは人型の生物、亜人間のことである。

英語のジャイアント・ジャイアンツは、ギリシア神話のギガス(ギガンテス)に由来する。また、ティーターン(タイタン)など、神である場合は巨神と書く事もある。

巨人 (伝説の生物) - Wikipedia

■巨人は昔、神様だった?

一見有力と見せかけて否定してますね…。

多くの巨人は古い時代の神の信仰が残ったものともいわれている。北欧神話の巨人についても同様の仮説が19世紀末アクセル・オルリックによって提示されたが、ジョルジュ・デュメジルは「ゲルマニアにおいてもカフカスにおいてもまたヨーロッパのいかなる所であれ、『巨人崇拝』なるものはけっして存在しなかった」(『デュメジル・コレクション4』p. 150)としてこれを否定している。

北欧神話オーディンとか巨人のイメージがありますけどね。

アジアでは中国人で巨人エピソードがあるようです。またパレスチナ地域では旧約聖書で巨人が登場するようです。

アジアでも神婚譚の一種として、周王朝の先祖の后稷(こうしょく)の母親は野原で巨人の足跡を踏んで妊娠したというものがある[1]。

多くの人類学者やスミソニアンなどの博物館は巨人の存在を動物などの骨の見間違いであると積極的に否定しているが、科学者の中には巨人が実際に存在した と主張する者もいる。彼らはノアの方舟伝説が実在した洪水から来ているように、ゴリアテなどの神話も巨人から由来しているのではないかと考えている。

世界の巨人たち

興味深いことにWikipediaでは神話や地域ごとに巨人キャラクターを紹介してくれておりました。
まずはギリシア神話です。

ギリシア神話
ガイアの子供たち
ヘカトンケイル族(ヘカトンケイレス)- 五十頭百手の巨人。
キュクロープス族(英 サイクロプス)- 単眼の巨人。
ティーターン神族(巨神族、英 タイタン) - ゼウスの前の時代の神。
ギガス族(ギガンテス)- 不死に近い巨人。
アルビオン - 海神ポセイドーンと正妻アムピトリーテーの間に生まれた巨人。

ドラクエに出てくるイメージですね。ギガンテスとか強敵ですね。

続いて旧約聖書です。

旧約聖書
サムエル記には巨人の子孫というペリシテ人が4人登場する。
ゴリアテ(ゴライアス) - ペリシテ人の巨人兵士。巨人の子孫とされる。
巨人の子孫たち - ゴリアテと共にダビデに倒されたペリシテの巨人。イシビベノブ、シパイ、多指症の人物(本名不詳)。
ネフィリム - 『創世記』や偽典『ヨベル書』などに伝わる巨人と訳される名前。『エノク書』などでグリゴリと人間の娘の間から生まれた巨人と同一視される。

そして中国。

中国
盤古 - 中国神話に登場する、世界の基となった巨人。
長人 - 長人国に棲むという巨人。


日本。

日本の伝承
ダイダラボッチ(ダイタボウ、ダイランボウ) - 日本各地の伝説に登場する巨人。
東北のわら人 - 東北地方から関東地方に伝わる大男。カシマ様、ショウキ様、オニオウ様などとも呼ばれる。
弥五郎どん - 南九州に伝わる大男。
カタンナーバ - 沖縄県伊江島に伝わる大男。
アマンチュ - 沖縄県佐敷町に伝わる身の丈3メートルもの天人。

もののけ姫ですね。

最後にインドです。

インドの伝説
クンバーカルナ - ヒンドゥー教叙事詩ラーマーヤナ』に登場する悪魔軍団の切り札となった巨人。6ヶ月たっぷり眠ることで、1日だけ不死身の体となり、半日でラーマが率いた猿軍団の4分の1を食い殺した(ハヌマーンを気絶させる戦闘力を誇るも首をはねられた)。

というわけで今回のテーマ"巨人"に関心を広げてみました。

■参考文献①今回のテーマを深掘り

文中にリンクを貼り付けてみました。

■参考文献②筆者の基本セット

・『ONE PIECE公式漫画アプリ』
ONE PIECE公式漫画アプリ

・教科書、用語集、人物辞典他

・筆者ベストチョイス①

聴き流しで歴史を学べるボカロシリーズ(幼稚園生からパパ&ママまで幅広くオススメ)

・筆者ベストチョイス②

カードゲームで覚える年号『タイムライン』シリーズと同じくカードゲームで覚える偉人『ソクラテスラ』

■あとがき

子どもたちをプールに連れて行くルーティンが崩れてしまい、なかなか時間が取れない今日この頃です。

ちなみに今回調べて行ったことでファイナルファンタジーの世界はかなりギリシア神話の影響があるのだと分かりました。

ご覧いただきありがとうございました!受験勉強や教養の向上に活用いただければ幸いです。
その他関連シリーズもぜひご覧ください。
漫画『ONE PIECE』ワンピースから始める世界史 カテゴリーの記事一覧 - 歴史人物の子孫を育てるパパ新聞