歴史人物の子孫を育てるパパ新聞

幕末から明治に活躍した偉人の子孫の成長記録。育児コラム・知育教材・人生の回顧録も記載していきます。

【連載: 漫画『ONE PIECE』ワンピースで学ぶ世界史】第142話 警戒されるドラゴンから考える"革命/革命家"の世界史〜初級編〜

この連載は無料公開されている『ONE PIECE公式漫画アプリ』から中学校社会科の歴史、高校世界史や日本史、そして現代世界情勢への興味・関心を引き出していくプロジェクトです。第142話に登場するエピソードから"革命家"について関心を広げます。

f:id:Bataata:20211021232122j:plain
[次子5歳年次作: 世界会議レヴェリーで警戒される『革命家』ドラゴン]

■警戒される『革命家』ドラゴン

第142話ではドラゴンがレヴェリーの議題に上がります。

謎の人「『革命家』ドラゴン…この男の思想は危険だ… 5. 6年も経てば我々世界政府にとって大きな敵と立ちはだかるだろう」

前回は世界会議レヴェリーから国連や国連総会について関心を広げてみました。
今回のセリフから考えてみれば、ワンピースは"国家"とは別に"世界政府"なるものが存在していましたね。非常に興味深いですが、また今度にします。

今回は"革命家"ドラゴンが世界政府から警戒されるシーンから始めてみました。考えてみれば王政国家が多いワンピースの世界では歴史の進化からすると民主化への革命が進む余地が沢山ありますね。そもそも革命とは何でしょう、そしてどんな人が革命家と呼ばれるのでしょうか。
というわけで今回のテーマは"革命/革命家"です。

■革命とは?

まずは概要、定義からいきましょう。
Wikipediaにはこうありました。

革命(かくめい、(英: revolution、レボリューション)は、権力体制や組織構造の抜本的な社会変革あるいは技術革新などが、比較的に短期間に行われること。対義語は守旧、反動、反革命など。

革命 - Wikipedia

■レボリューションと革命

レボリューションと革命の違いについて説明がありましたので見ておきましょう。
辞書で英語と日本語が同じ意味と紐づけられていても言葉の背景やニュアンスが異なることが多々ありますね。

「レボリューション」の語源は「回転する」の意味を持つラテン語の「revolutio」である。古くは天体の回転運動を示す言葉として使用され、そこから周期が元に戻ることを示すのにも使われるようになり、後には政治的変革を表わすようになった[1]。また漢語の「革命」の語源は「天命が改まる」の意味で、王朝交代に使用された。

■歴史における革命とは?

Wikipediaを読み進めるとこんな説明があります。世界史的にはこの理解が必要ですね。

一般に革命という概念は、既存の政治秩序を変更させる政治的活動と関連しており、歴史的には1688年の名誉革命や1789年のフランス革命などの市民革命を挙げることができる。近代以後の政治理論においては革命の概念は、古い政治秩序の破壊と新しい政治秩序の構築をもたらす動態的かつ抜本的な変革を意味している。

  

■市民革命とは?

これも世界史的には重要なキーワードですね。
覚えておきましょう。

市民革命(ブルジョワ革命)とは、封建的な国家体制を破壊して、近代的市民社会をめざす革命を指す。

革命の主体は通常は有産市民階級つまりブルジョワジーであるためブルジョワ革命とも呼ばれる。

市民革命(ブルジョワ革命)は、一度で完了するとは限らない。

市民革命後に反動が起きて、その後再度の市民革命に至る場合が少なくない。

数え方にもよるが、イギリス、フランス、スウェーデンなどは2回、トルコは3回、スペインは4回の市民革命が発生している。

古典的な市民革命が一応完了しても、政治的経済的課題は残存する事がある。

例えば地主制が強力で小作農の貧困がひどいとか、労働者階級の貧困がひどいとか、絶対王政が倒れても別の独裁政権全体主義政権になったとかである。

社会主義革命、イスラム革命、反共産主義革命、現代の革命、その他の革命(ファシズム化など)は、古典的な市民革命がやり残した課題の処理という側面はある。

■革命家とは?

今回は"革命家"ドラゴンから興味を広げていますので、革命家も見てみましょう。

革命家(かくめいか、英: revolutionary)は、政治的、社会的な革命を遂行するために力を尽くす者。

漸進的で穏健な社会変革を目指す改革派(英: reformist)とは方法論において対をなす。



一般に肯定的な意味合いの用語であり、同じ人物でも保守や反対派からはテロリストと否定的に呼ばれることもある。

この反対派に対する否定的な呼称は、反革命、反動となる。

革命家 - Wikipedia

まあ"勝てば官軍"なんて言葉もありますが、革命家とテロリストは紙一重ということですね。

一体ドラゴンの目指す革命はどのような革命なのでしょうか?市民革命なのでしょうか?それともワンピース特有の行為者である世界政府討伐でしょうか?楽しみですね。



はい、というわけで今回のテーマは"革命/革命家"でした。

■参考文献①今回のテーマを深掘り

本文に挿入しました。

■参考文献②筆者の基本セット

・『ONE PIECE公式漫画アプリ』
ONE PIECE公式漫画アプリ

・教科書、用語集、人物辞典他

・筆者ベストチョイス①

聴き流しで歴史を学べるボカロシリーズ(幼稚園生からパパ&ママまで幅広くオススメ)

・筆者ベストチョイス②

カードゲームで覚える年号『タイムライン』シリーズと同じくカードゲームで覚える偉人『ソクラテスラ』

■あとがき

先週は時間がとれませんでした。
今日は休暇でなんとか週一継続中です。
明日も書かないと…。
コツコツやっていきます。


ご覧いただきありがとうございました!受験勉強や教養の向上に活用いただければ幸いです。
その他関連シリーズもぜひご覧ください。
漫画『ONE PIECE』ワンピースから始める世界史 カテゴリーの記事一覧 - 歴史人物の子孫を育てるパパ新聞