歴史人物の子孫を育てるパパ新聞

幕末から明治に活躍した偉人の子孫の成長記録。育児コラム・知育教材・人生の回顧録も記載していきます。

【偉人の子孫成長記録】次子4歳年次2020年6月2〜3週目

コロナ期間の次子4歳年次2020年6月2〜3週目です。子どもが寝静まったこの時間が最高です…。今日は休暇なのに仕事より疲れた気もする。ママは毎日お疲れ様です。

■こころ/徳育

・相変わらずバーサーカー。無敵。陽気で無邪気。怪我しては立ち直り、怪我しては立ち直りの繰り返し。反省してるんだかしてないんだか不明。とりあえず立ち直りが早い。ソウイフモノニワタシモナリタイ。

・幼稚園は何やってるの?「どんな歌が好き?やってる!」らしい。今日は多分初めて幼稚園にお迎えにいって次子の教室を見たが、なんとあのバーサーカーが集団生活を行えていることに少し感動。お絵かきしていた。パパを見つけてとても嬉しそうだった。

・相変わらず説明なしに突っ込んできたり、パパの太ももの上を乗り越えていったり、パパとテーブルの間に割り込んできたり、長子とぶつかったり、テーブルにあばらぶつけたり、幼稚園でケンケンパして転んで怪我したり、キリがない…

・第三子へのケアは気にかけているけど、自分の興味が優先しているような気もして、相変わらず危なっかしい。相変わらず配慮なしでお腹押したりする時がありヒヤヒヤ。床で寝てるそばをズカズカ歩いたりするのもヒヤヒヤ。

・長子との関係はまあまあほとんど良好で2人でケラケラ笑ってることが多い。最近長子も口が達者になってきて次子を馬鹿にすることが増えてきて、次子も言葉が分かるようになってきたので「言わないで!」と次子が手を出して、長子が反撃する。挑発する方も、暴力しかける方も両方悪い…疲れる。

・寝るときは基本的にママ。

■からだ/体育

・公園遊び:基本的に長子と同じ。野球ごっこ、サッカーごっこ、自転車といった感じ。
 ここ最近も一番はブランコ、次に野球といった感じ。

・お風呂はシャワーばかり。

・想像力としては長子とニューブロックにはまっている。
・プールは再開し、パタ足だと思われる。

■あたま/知育

<平日の基礎学習>
PDCAの練習:朝にルーティンやるのはできてる。
・パパとこれをやろうと決めた算数、英語、国語はママのサポートもあって進んでいる様子。
・長子に比べるとまだムラがある。ちょっとタスクしてトランポリン、ちょっとタスクしてトランポリンを繰り返してなんとかルーティンをこなしている。


<算数>
・算数はとにかく足し算の基本を定着させることがまだまだ大事。
・指をしっかり使って数をきちんと数えることも大事。そういうレベル。
・ボカロは好きなようで、作図の歌が好きなようです。

<国語> 
・国語はひらがなカタカナは読みが出来てきた。あとは書く練習。これがなかなか
・読み聞かせもあまりできてない。
・おうちゼミはやれてない。

<理科>
・相変わらずボカロ理科が楽しそうなので、遊びの最中に聴き流してくれれば良い。
・とりあえず教育テレビで食物や昆虫、動物、幅広く自然に関心をもって公園などで感じていけば良い。

<社会>
・日本史は相変わらずボカロ中学歴史が楽しそう。千本桜が歌えるようになってきた。
ソクラテスラがとても大好き。織田信長はオブノガガガから、オダ ノブ ナガと言えるようになってきた。
・地理パズルやってない。
地図記号カルタは数回やった。
・歴史人物カルタは数回やった。
【パパ視点のおすすめ知育教材】コロナウイルス休校や学級閉鎖時に活躍する家庭学習&先取り学習教材『おうちゼミ』 - 歴史人物の子孫を育てるパパ新聞

<英語>
・英語の習い事は再開。
・ボカロ英語が楽しそう。ハッピーシンセサイザーが長子と一緒にお好き。今日も聞いてた。
・スピーキングは時々英語で歌を歌い出したりしている。
・リーディングは何も出来てない。まずは単語。
・リスニングはアプリで自動学習モード。アカデミーキッズで楽しく任せている。

■パパ視点のオススメ知育教材
今週活躍した4歳年次も楽しんでいるツール
・チャンバラセット


・おうちゼミ

・ボカロで覚える 中学歴史 (MUSIC STUDY PROJECT)

・ボカロで覚える 中学理科 (MUSIC STUDY PROJECT)

・ボカロで覚える 中学英語 (MUSIC STUDY PROJECT)

・ボカロで覚える 中学数学 (MUSIC STUDY PROJECT)

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー

■あとがき

幼稚園の午後保育までになってちょっとお疲れの日も。だいぶグズグズになるけど、やりたいことに付き合ってあげるとまあご機嫌。
f:id:Bataata:20200621122429j:plain
【次子作 トラック】

以上